お葬式の時間は一般的にどのくらい?

お葬式の時間がどのくらいかかるのか、おおよその長さを予測することはできます。遺族や親族の方には少し聞きにくいことですので、お葬式の後に別の予定が入りそうなら、一般的なお葬式の時間を確認しておくことが大切です。

仏式のお葬式の通例では、お葬式の前日の夕方から夜の時間帯にお通夜が行われます。お通夜は、17時から20時頃までに行われることが一般的で、喪主が会場に到着してから2時間から3時間程度で終わることが多いです。お通夜では、お葬式と同じように僧侶による読経、焼香の時間がありますので、それ相応の時間がかかります。お通夜の後に参列者を招いての会食、通夜ぶるまいに招かれることもあります。通夜ぶるまいは、喪主の意向や地方ごとの習わしによって誰を招くかが異なり、参列者全員を招いて盛大に催すこともありますし、親族だけが席に着くこともあり、出席する人数によって、どのくらいの時間がかかるかも変わってきます。ただ、通夜ぶるまいでは長居をしないように気を付けます。会食だからと言って騒いだり、大声で笑ったりしないのがマナーです。喪主や遺族に気を使わせないように注意しましょう。

通例では、お通夜の翌日がお葬式当日です。当日のタイムスケジュールは、火葬場の空き状況によって多少変動する場合があります。一般的には正午頃に火葬を行いますが、その場合は午前10時から11時頃までお葬式や告別式を行います。11時半頃に出棺をして、棺を乗せた霊柩車に続いて遺族・親族が火葬場に到着した後、12時から13時半頃に火葬が行われます。14時頃に近親者で収骨をしたら、全ての日程が終了となります。

収骨の後に精進落としの会食を行ったり、通常は亡くなってから7日目に行う初七日の法要を繰り上げて行ったりすることもあります。お葬式当日に行う初七日のことを繰上初七日や式中初七日と呼び、お葬式当日に行うことで遺族や親族、参列者の負担を軽減することができるので、近年では取り入れることが多いようです。精進落としと初七日の法要をお葬式当日に両方行った場合、全ての日程が終わるのは一般的に18時頃になります。