お葬式の香典マナー

香典とは、線香や花の代わりに故人の霊前に供えるお金のことで、香料とも呼ばれています。一般的には香典袋にお金を入れて、お通夜かお葬式、告別式の際に持参して会場の受付や遺族に手渡します。香典には、遺族の急な出費に対して手助けをするという意味も込められています。お通夜とお葬式の両方に参列する場合、お通夜で香典を渡したらお葬式でもう一度渡す必要はありません。ただし、急な訃報のために香典の準備がお通夜に間に合わない場合は、お葬式で渡してもかまいません。

香典袋の表書きの書き方、袋やのしの選び方に関しては地域や宗教、宗派などによって異なりますので、事前に下調べが必要です。新札ではなくわざと折り目を付けたお札を包んだり、お札の数の奇数、偶数に関してもこだわったりする場合があるようです。また、香典の表書きは薄墨の筆か筆ペンで書くのがマナーです。中袋は薄墨でもボールペンでも良いとされています。

香典の金額に関しても、その人の年齢や故人との関係性などにより違いが出ます。一般的には、年齢が若いほど香典で包む金額は低く、家族、親族など故人との関係が近いほど金額は高くなります。故人が自分の親の場合でも、喪主以外の子供は香典を出さなければいけません。故人が自分の親、義理の親の場合では3万円から10万円、兄弟、祖父母やおじ、おばの場合は3万円から5万円程度が相場です。また、故人がいとこの場合は3千円から3万円程度です。友人、友人の親、恩師、近所の人は3千円から1万円程度であることが多いようです。友人や友人の親、恩師の場合は、付き合いのあった友人同士や生徒たち同士でキリの良い金額にすることもあります。仲人の場合は1万円程度です。

職場の上司、同僚や部下が亡くなった場合は5千円から1万円程度、その家族の場合は3千円から1万円程度を用意します。職場の取引先の社員や役員が亡くなった場合は、個人名ではなく会社の代表者である社長名や、部署一同として香典を出す場合がありますので、上司に一度相談してから準備をします。