お葬式での服装マナー

お葬式での服装は、故人や遺族に対して失礼にならないよう細心の注意を払います。お葬式の服装といえば、真っ先に思いつくのは喪服でしょう。喪服には、正式喪服と略式喪服があります。

一般参列者は原則として、略式喪服を着用します。略式喪服は、男性はブラックフォーマルスーツかダークスーツに白シャツと黒ネクタイ、女性はブラックフォーマルか地味な色のワンピースやスーツです。女性のスーツは、パンツスーツでも略式喪服として認められています。故人から三親等以内の親族は、男性は黒紋付羽織袴かモーニングコート、女性は黒無地の着物か黒のワンピースやツーピースなどの正式喪服を着用するのが通例ですが、近年では遺族であっても略式喪服を着用することが多いです。一般参列者は、遺族よりも喪服の格が上がらないように注意しなければなりません。正式喪服を持っていたとしても、一般参列者であれば略式喪服を着用します。また、喪章を腕に巻くことで、普通の服でも喪服の代わりになるという考え方は誤りです。喪章は遺族であることのしるしなので、喪服の代わりにはなりません。

お通夜とお葬式でも、服装のマナーは異なります。お通夜では、地味な服装であれば、基本的に喪服でなくても良いとされています。喪服には本来、遺族や親族、近親者が喪に服するという意味合いがあります。お通夜のときに喪服を着ていると、故人の死をあらかじめ予見していたかのような印象があり、嫌がられる場合があります。お通夜ではダークスーツや暗い色のワンピースなど、地味な平服を選ぶのが良いでしょう。

男性の洋装の場合の喪服の注意点は、上下違いの服装は避けること、タイピンは付けないこと、白ワイシャツは長袖であること、黒靴下と金具の付いていないシンプルな光沢感のない革靴を着用することなどが挙げられます。女性の服装は、夏であっても五分袖以上が望ましいとされています。シンプルな髪形でストッキングは黒を選び、バッグは光沢感のない布製の黒いものが正式です。小物にも細かいルールがあり、ハンカチは白無地が黒のフォーマル用のもの、アクセサリーは原則結婚指輪以外付けませんが、真珠やブラックオニキスの一連ネックレスや一粒のイヤリングは身につけて良いとされています。パンプスは金具の付いていない、シンプルな黒のものを選びます。