利益を出せるコンビニのフランチャイズとは

コンビニフランチャイズ 比較ランキング
NO.2
ローソン
知名度
5
/ 5点
加盟料
4
/ 5点
ロイヤリティ
3
/ 5点
NO.1
ミニストップ
知名度
4
/ 5点
加盟料
5
/ 5点
ロイヤリティ
5
/ 5点
NO.3
ファミリーマート
知名度
4
/ 5点
加盟料
4
/ 5点
ロイヤリティ
3
/ 5点
HOME/コンビニFCオーナーの手引き/コンビニ店長の年収モデル

コンビニ店長の年収モデル

気になるコンビニオーナーの年収について紹介します。

まずは『サラリーマン』の平均年収っていくら?

サラリーマンの平均年収ってご存知ですか?平成21年のサラリーマン平均年収は406万円、男性平均500万円、女性平均263万円。

平成9年から勢いよく減ってきています。近年では最低の給与水準を記録してしまったとか。

では『コンビニFCオーナー』の年収っていくら?

一例を挙げます。

  • 38歳・年収572万円
  • 50歳・年収860万円
  • 46歳・年収1540万円

コンビニオーナーの年収は、はっきり言うと千差万別です。

都心型・郊外型などその店の状況によっても年収は変わります。それは当然、売れていないコンビニの年収と売れているコンビニの年収が同じわけがないからです。

平成22年3月の調べで、コンビニフランチャイズオーナーの平均年収は551万円でした。これを多いと思うか少ないと思うかは、人それぞれでしょう。

中には、コンビニ経営で年収2000万円超えの人もいるわけですから、自分次第というところもありますよね。

最初の店舗が軌道に乗ったら多店舗展開するなど、複数経営化していくオーナーさんもいます。

「コンビニを自分で経営」は、リスクはあれど、大いに夢を抱ける立場でもあるのです。

儲けを出しやすいコンビニFCチェーンをランキングしています≫≫

年収を増やすためにはどうしたらいい?

では、年収を大きく増やすためにはどうしたらいいのか?これはずばり、「店舗を増やすこと」が答え。やはり年収の多い店長は、実際に複数店舗を運営していることが多いそうです。

コンビニFCで成功している人の多くはそのパターンが多いですし、経営コンサルタントも同様にアドバイスすることが多いです。

もちろん、1店舗でも成功している人もいますから、要はオーナーの采配、マネジメント力が必要になってきます。

立地条件や店舗・駐車場面積などの条件、信頼できる人材、経費管理など、多角的な視野で経営に取り組む姿勢が大切です。

初期投資の費用がなくても、最初は1店舗から始めて、軌道にのったから2店舗、3店舗、と増やしていった成功例もあります。それも手です。

安易な考えでFCオーナーは務まりません。要は、努力と工夫がなされてこそ、成功するということです。それはどの業界、どの職種でも同じかもしれませんが、結局、年収は自分次第、ということなのです。

ページトップへ