利益を出せるコンビニのフランチャイズとは

コンビニフランチャイズ 比較ランキング
NO.2
ローソン
知名度
5
/ 5点
加盟料
4
/ 5点
ロイヤリティ
3
/ 5点
NO.1
ミニストップ
知名度
4
/ 5点
加盟料
5
/ 5点
ロイヤリティ
5
/ 5点
NO.3
ファミリーマート
知名度
4
/ 5点
加盟料
4
/ 5点
ロイヤリティ
3
/ 5点

ポプラ

中国地方に基盤を置くポプラのフランチャイズについてご紹介します。

九州の酒卸商がルーツ!の『ポプラ』

ポプラのフランチャイズを検証広島県の酒卸商がルーツとなっている「ポプラ」。

ポプラの木とポピュラーが語源というけれど、個性的なコンビニです。

店舗数は業界9位ですが、実は中国地方に限れば、大手チェーンともひけをとらないのだとか(鳥取・島根ではローソンに次いで2位)。中国地方では、ポプラのある風景が当たり前になっているのです。

M&Aによって事業を拡大してきたポプラは、「生活彩家」(せいかつさいか)、「ハイウェイ彩家」(ハイウェイさいか)、「くらしハウス」、「スリーエイト」などのブランドを持っています。

九州で業務を拡大してきた際に使われたスローガンは、「やっぱ九州のコンビニはポプラやね」なのだそうです。

ポプラでお酒類とともに有名なのは「HOT弁当」。お弁当にお店で炊いたご飯を詰めてくれます。ご飯が好きな人にはこれはたまらないかも?お店によっては、梅干し・ふりかけもつけてもらえるとか。このシステム、ポプラならではの製販一貫体制があるからこそなのだそうです。

≪ポプラを他コンビニFCと比較≫

個性的な「ポプラのFC」はここをチェック

ポプラで独立開業する際、チェックしておきたいことをまとめてみました。

加盟者の条件と契約期間は?

土地建物・加盟に必要な費用を用意できるかた。契約期間は5年。

※土地建物をポプラが貸借する制度もあり。

FC加盟料、加盟必要金の合計はいくら?

フランチャイズ加盟料は、100万円(税別)

商標等の使用権、研修教育の実施・店舗のレイアウトなどが含まれています。

その他、保証金(店舗面積1m2あたり3万円)・商品代金(税込み約400万円~550万円)・備品・消耗品費、釣銭準備金・人材募集費・開店広告宣伝費など。

ロイヤリティ(加盟負担金)は、何パーセント?

売上高の3%

教育制度は?

15日間、本部研修店舗にて、運営システムについての講義を受講し、店舗オペレーションについての実務研修を受けます。

最低保障制度―加盟店総収入は?

なし

加盟金・ロイヤリティの低さは非常に魅力的なのですが、最低保障はなし。経営に自信がある人は、いざ踏み出すべし?

業界初!違約金ゼロのシステム採用

加盟店オーナー側の都合による途中解約の場合、違約金が発生すると考えるのが、これまでのフランチャイズの常識。「ポプラ」はこの常識を覆し、加盟期間5年を途中解約しても違約金を払わずに済むシステムを打ち出しています。

保証金などはその分高いのですが、ロイヤリティも低いので、経営が軌道に乗れば、旨味も大きいでしょう。

ただし、前述の「HOT弁当」などの利益率がどの程度あるのかは不明。

研修やサポートもあまり記載がないし、(SV制度なんかも載っていなかった!)“評判の店”として定着すればいいけれど…。

「親会社にがんじがらめの契約になるのが嫌」「自分の力を自由に試してみたい」という方にはオススメのフランチャイズだなと思いました。

ちなみに、専従者とかの規定がないので、単身でも開業可能ですが、抱え込むリスクはやっぱり高くなるのかも?

違約金ゼロですが、ブランド力が強いとは言えないので、この辺りをどう見極めるかがポイントです。

ページトップへ