利益を出せるコンビニのフランチャイズとは

コンビニフランチャイズ 比較ランキング
NO.2
ローソン
知名度
5
/ 5点
加盟料
4
/ 5点
ロイヤリティ
3
/ 5点
NO.1
ミニストップ
知名度
4
/ 5点
加盟料
5
/ 5点
ロイヤリティ
5
/ 5点
NO.3
ファミリーマート
知名度
4
/ 5点
加盟料
4
/ 5点
ロイヤリティ
3
/ 5点
HOME/コンビニフランチャイズを徹底比較

コンビニフランチャイズを徹底比較

儲かるコンビニフランチャイズの系列別の比較や、独立開業する上で知っておきたい内容等をまとめています。

今でもやっぱり人気のコンビニ経営!

コンビニの売上高が…とか、利益率が…など、様々な説があるのは事実。

でも、コンビニがいまや社会的なインフラの一つとまでいえるようになっているのも、周知の事実。

学習塾のように生徒の増減に振り回されることもなければ、薄利多売の他の業界に足元をすくわれることも、しばらくはないでしょう。

コンビニのフランチャイズにおいては、充実のサポート体制も魅力の一つ。系列にもよりますが、独立支援制度を設けているFCが大半です。

契約社員とかから始められれば、安心ですよね。開店後も、サポート体制を充実させているところがほとんど。経営していく上で悩みはつきもの。相談に乗ってくれる人がいるかどうかというのは、とても大きいですよね。

数あるコンビニFCのなかで、どの系列で独立開業するかで、お悩みの方も多いと思います。

選ぶポイントはやはり、初期費用・ロイヤリティ(加盟負担金)・サポート体制でしょうか。

…といっても、よくわからない方もいらっしゃると思うので、フランチャイズの常識について、まずは簡単にご説明します。

押えておきたい、フランチャイズの常識

フランチャイズ(FCと略される)とは、商号や商品・ノウハウなどを同一のブランドの元で使用する権利と引き換えに、対価としてロイヤリティを支払う制度です。

「お金を払う代わりに、ブランドを使いますよ」という契約ですね。なので、フランチャイズではロイヤリティというものから逃れることはできません。

後に比較していきますが、業界一位のセブンイレブン、二位のローソン、三位のファミリーマートはやはりロイヤリティが高いです。ブランドに自信があるのでしょうが、ハードルは上がりますよね。

コンビニFCでは、初期費用として、FC加盟料以外にも商品買取代や開店準備金などがかかることがあります。各FCの加盟条件や加盟必要金を調べておくことをオススメします。土地や建物をお持ちのかたは、それらを利用するかも検討しなければいけませんね。

逆に、フランチャイズ側がサポートしてくれる部分もたくさんあります。初期費用が用意できない場合、契約社員などから独立を目指せる制度もありますし、各種研修制度や開店後のサポートも用意している系列がほとんどです。

頼れる部分は、できるだけ頼って、最良の結果を出す。これが、コンビニFCで成功する秘訣です!

失敗しない“FC選び”をサポート

経営に失敗しないためにも、リスクはできるだけ少なく開業したいですよね。

ちなみに、ブランド力の指標となる売上高シェアのトップ5は以下のようになっています。

1位 - セブンイレブン
2位 - ローソン
3位 - ファミリーマート
4位 
 サークルKサンクス
5位 - ミニストップ

とはいえ、フランチャイザー選びは、売り上げシェアだけで検討する話ではありません。多角的に分析した結果、一番リスクが低く、儲けが出るところを選ばなくてはいけないのです。

各系列について、細かくまとめていますので、これから独立を考えられているかたは、ぜひご参考に。独立を目指されている方に、幸ありますように。 

ページトップへ