利益を出せるコンビニのフランチャイズとは

コンビニフランチャイズ 比較ランキング
NO.2
ローソン
知名度
5
/ 5点
加盟料
4
/ 5点
ロイヤリティ
3
/ 5点
NO.1
ミニストップ
知名度
4
/ 5点
加盟料
5
/ 5点
ロイヤリティ
5
/ 5点
NO.3
ファミリーマート
知名度
4
/ 5点
加盟料
4
/ 5点
ロイヤリティ
3
/ 5点

経営の成功・失敗例

コンビニフランチャイズの成功と失敗例をご紹介。

「失敗しやすいタイプ」はどんな人?

コンビニフランチャイズのセミナーに参加した際などに、企業側に「現状売り上げが上がっていない店舗や今までに閉店した中で、どんな経営者がその傾向があるか」も尋ねてみました。

1つは、「何でも1人で背負い込もうとする人」(人に相談せずに自分だけで解決しようとするタイプ)。

よく聞くのが、売り上げを伸ばす事に夢中になり、コスト削減を進める中、人件費を下げすぎて、その分自分が働く羽目に。

何でも自分で背負い込んでいるので、他のアルバイトに仕事を任せる事もできない。休みも取れず、体調を崩し、いい経営ができずに終るケース。本末転倒タイプです。コンビニは24時間営業、アルバイトを上手に育てること、仕事を任せていくことも重要な仕事なのです。

もう1つ、意外かもしれませんが「別の小売業から転職した人」(FCは初めてだが、自分で酒屋さんなどを経営していた)です。

ある程度の経営に関する知識や経験があるため、何でも自分の感覚で決めてしまいFCのシステムに理解がなく、結局首が回らなくなるケース。

いずれのケースにしても、誰かに相談することができない、もっというと客観的な判断ができない人。という事のようですね。あなた自身はこんな所はないですか?

『コンビニ経営成功者』の共通点は?

新規のコンビニフランチャイズの経営者との面談や相談をしていた方の話で、「成功者には、ある共通点がある」のだといいます。

その共通点とは、たった2つの簡単なこと。

  • 人の話を素直に聞く人
  • 問題を解決するために努力する人

これだけだそうです。

言葉にするとこれだけですが、この中には仕事に向かう姿勢の全てが含まれているようにも思います。実践するのは、簡単ではないかもしれません。

ただ、何かに悩んだり、決断しなければならなっかた時この二つの言葉が芯にある人と無い人とでは、結果が大きく変わっていくのだと思います。

年齢やプライド、固定概念なども持たず、謙虚にアドバイスに耳を貸せる人は、そうでない人と比べて、参考になる事や成功のヒントが至るところに転がっているように感じるのかもしれません。「こんなふうにするといいと言っていたな。」とか「これなら、自分もできそうだ」とか。

そして、それを実行に移す力。あれこれ考えすぎても時間ばかりが過ぎて行きます。

やってみないとわからない事は、やってみる。結果が出たら、また考える。リスクが大きすぎると感じたら他の手段をまた考える。

この繰り返しを惜しみなくできる人が成功者になってゆくのです。成功に近道なんてないとよく言いますが、成功へのベクトルを向けるのは自分自身の努力でしかないのでしょうね。

訴訟問題!?「コンビニFCの恐さ」

コンビニのフランチャイズ経営をインターネットの記事などであまりよく書かない人も実際多くいます。

それらの記事から必ずと言っていいほど、たどり着くのが、セブンイレブンのロスジャージを巡る裁判の内容が出てきます。

これは、賞味期限が切れた弁当や惣菜を値下げして販売してはいけないというセブンイレブン側の主張を退けられた内容ですが、それ以外にも「24h営業を強いられた」とか「本部が仕入れ伝表の開示をしない」(ピンはね疑惑)など様々な問題が浮上しているのです。

セブンイレブンが多くのスポンサーとなっているTVなどでは報道がほとんどなく、ネットの方が情報が多いのはその為です。

確かに、本部と加盟店との関係を見たとき明らかに本部の利益追求ばかりの契約では、加盟店はやってられないよ。思うのは当然です。

また、15年など長期の契約プランを組んでしまい、途中で廃業。開業資金や違約金のローンなど、多重責務を担ったという失敗例もけっこう耳にします。

しかし、今はコンビニ各社のフランチャイズの加盟店オーナーから成る組合もあり、より良い契約内容のための活動も盛んになりつつあります

もちろん、フランチャイズは企業側も加盟店側もどちらも儲かるようなシステムでないと成り立たない訳ですし、加盟店側にとってはもっと利益が出やすい契約になることは望ましいことです。

ただ、FCはそんな嫌な事ばかりではないということも忘れてはならないと思います。日々希望をもって、自分の目標をもって努力している加盟店オーナーもそれ以上に多くいて、フランチャイズのシステムを成り立たせている部分もあるのではないでしょうか?

≪失敗しないコンビニ開業のためのチェーン店比較≫

ページトップへ