利益を出せるコンビニのフランチャイズとは

コンビニフランチャイズ 比較ランキング
NO.2
ローソン
知名度
5
/ 5点
加盟料
4
/ 5点
ロイヤリティ
3
/ 5点
NO.1
ミニストップ
知名度
4
/ 5点
加盟料
5
/ 5点
ロイヤリティ
5
/ 5点
NO.3
ファミリーマート
知名度
4
/ 5点
加盟料
4
/ 5点
ロイヤリティ
3
/ 5点

コンビニFCが儲かる理由

コンビニフランチャイズが他業界よりも儲かる理由を説明します。

他業種のフランチャイズよりも儲かる理由

たくさんのフランチャイズの業種がある中で、コンビニは果たして儲かる業種なのでしょうか?

フランチャイズといえば、外食産業が主ですよね。ファミレス、ラーメン、牛丼、居酒屋といろいろありますが、もちろん飲食だけではなく、文房具店、書店などもあります。

その中でも、コンビニFCの強みというのは、こういった諸々の商品(食料・酒・本・文房具・化粧品など)を網羅して取り扱うことができ、日常性が高いものを多岐に渡って商売道具にできるところ。

商品が1つに限定されていない分、多種多様な年齢層、男女ともに、あらゆる客層を取り込めるチャンスがあるです。

他にもコンビニ経営にはこんなメリットもあります。例えば牛丼屋や本屋など、1商品を扱うお店を経営して失敗した場合よりも軌道修正がききやすいこと。

もちろん、事前に客層のリサーチを丹念に行って開業することは大前提ですが、「多額の開業資金をはたいたにも関わらず、以外にも子供をもつファミリー層が多く牛丼だけでは厳しかった…」あるいは「当初の見込みが外れて本屋では厳しかった・・・」ということがあった場合でも、コンビニの場合は、地域性を生かして商品を特化させていくことが可能なのです。

開業前の目論見が外れても、「開業資金○○○万円が無駄になった…」というだけで終わるのではなく、やり方次第で軌道修正できる。これはこの業種のメリットといえるでしょう。

『ブランド力の高さ』もコンビニ業のメリット

そして忘れてはいけないのが、コンビニの「ブランド力の高さ」。

コンビニは今や日常生活に欠かせません。その看板があることで、「誰でも安心して店に足を運んでくれる」という信頼性を掲げて商売ができるのです。

通常、個人で開業した場合どんな業種でもお客様に来てもらうまで、更にリピーターになってもらうまでには並々成らぬ努力と広告費が必要です。

また、その時点でうまく集客できなければ、商売にならない可能性が大いにあります。

その点、コンビニFCは、誰もが知っているコンビニという、知名度やお店のカラーという基盤を既に備えた状態で開業をスタートできます。

しかし、もちろんブランド力が高いフランチャイズだからといって、何にも努力しないで儲かる訳ではありません。日々の商品の分析とそれを行動に移す実行力は、オーナーの努力でしかないのです。

売り上げをアップしていく秘訣は?

「儲かるコンビニ」には、創意工夫がなされています。

売れ行きのいい商品は何なのか、何時が売り上げのピークなのか、それに対してどういう準備をしておかなければならないのか、お客様のニーズに合っているか、などあらゆる角度から徹底した分析をすることができ、必ず売れる商品を置くことができます。

これらは、フランチャイズの経営サポートの部分でアドバイザーから指導を受けて検証していくことができます。自分ひとりであれこれ考えていると、思い込みや勘などのあやふやな感覚で無駄なチャレンジして時間をかける事になってしまいがちです。

コンビニFCの経営サポートでは、客観的なデーターに基づいて、具体的にどうしたらよいかの営業のノウハウを指導してもらうことができます。

地域の客層や、季節ごとの商品の需要から購買意欲をそそる陳列の仕方に至るまで、細かい検証から売り上げUPを図っていくことになります。

しかし、ここで注意しなければならないのは、いつも受身のアドバイザーの指示待ちの状態では駄目ということ。学校の先生と生徒の立場ではありません。

「本部の言う通りにしたのに売り上げが上がらなかった。」などと嘆く人もいるようですが、そんな時でも経営者として最良の判断ができる人こそ経営を成功させていけるのではないでしょうか。

≪儲かるフランチャイズコンビニをランキング≫

ページトップへ