お葬式の流れやマナーをチェックして故人をきちんと見送ろう

一般参列者が知っておきたいお葬式の流れ

一般参列者が知っておきたいお葬式の流れ お葬式で最も大切なのは、故人を見送り、供養しようという気持ちです。それに加えて、きちんとお葬式のマナーを守ることは、自分にとっても他の参列者にとっても、お見送りに専念できるという意味でとても重要です。お葬式に参列したことがないという人は、お葬式がどんなものなのか分からないため不安に思うかもしれません。そのような場合は、事前にお葬式の流れを確認しておけば不安を取り除けます。

亡くなってからお葬式までの流れとしては、次のようなものが一般的です。亡くなってから遺体を寝台車で搬送し、故人の自宅や葬儀会社の安置所に遺体を安置します。その後納棺が終わると、お通夜が行われます。現在一般的に行われているお通夜は半通夜とも呼ばれ、日暮れから数時間ほど、故人を供養して最後のお別れをします。お葬式当日に行けない人が、お通夜に駆けつけることも多いです。お通夜の後に通夜ぶるまいと呼ばれる、参列者を招いての会食が行われることもあります。通夜の次の日の午前中にお葬式、告別式が行われ、火葬場へ出棺します。午後には火葬と収骨を行い、終了です。収骨の後に、精進落としという僧侶やお世話になった人たちを招いての会食や初七日の繰り上げ法要がある場合もあります。

お葬式当日は、式の始まる15分前には着席できるように時間に余裕をもって会場に向かいます。一般参列者は会場の受付で芳名帳に記帳してから香典を渡し、着席します。お葬式の受付でもマナーがあります。最初に受付をしている人へ一礼し、この度はご愁傷さまでございます、心よりお悔やみ申し上げますなどと簡潔にお悔やみの言葉を述べてから記帳します。個人として参列する場合、芳名帳には自分の住所と氏名を記入します。

僧侶が到着し、司会者の開式の宣言により式が始まります。僧侶の読経の後、弔辞・弔電の紹介が行われます。僧侶が焼香を行った後、喪主、遺族、参列者の順に焼香を行います。焼香が終わると僧侶が退場するので、合掌して見送り、司会者が閉式を宣言します。閉式の後、出棺の準備を行います。遺族や親しい友人が棺の中を生花で飾って1人ずつ順番に最後のお別れをしている間、一般の参列者は外で待機します。棺の蓋が閉じられ、釘打ちの儀によって釘が打たれると、遺族や親族が霊柩車に棺を運び入れます。喪主から見送ってくれる一般参列者へのあいさつとお礼の言葉があってから、出棺を見送ります。午後には火葬がされますが、火葬場へ行くのは遺族、親族と故人と特に親しかった友人のみであることが一般的です。

トピックス